純正タイヤサイズ・ホイールサイズ・インチダウン情報を調べる際は「車名 インチダウン」、車両動画を調べる際は「車名 動画」とキーワード窓に入力してください。

ヤリスクロスの外観デザインテーマは「ENERGETIC SMART」【動画紹介】

執筆者 塚田勝弘
すべての
画像を見る ■ヤリスクロスの外観デザインテーマは「ENERGETIC SMART」
都会的でスタイリッシュなエクステリアが目を惹くトヨタ・ヤリスクロスは、最低地上高をライズの185mmよりも低い170mmとしています。メインで使われるのは街中などで、ガソリン車にFFと4WD、ハイブリッドにFFと4WDの「E-Four」が設定されていますから、雪道や整備された林道程度であればロードクリアランスに不足はないはず。
エクステリアのテーマは、「Robust & Minimalist」で、ロバストは「逞しさ、強健さ」を、ミニマリストは「最小限」をそれぞれ意味します。
さらに、デザインのキーワードとしてエネルギッシュ(活気に満ちた)、スマートを意味する「ENERGETIC SMART」が掲げられ、アクティブで洗練されたバランスのいいスタイリングを追求したそう。フロント中央から、ロア、フェンダーからなる立体構成により精悍な印象を与えるフロントビューが目を惹きます。
加えて、フロントからリヤコンビネーションランプまで高い位置で一気に通り抜ける水平基調の軸により、SUVらしい力強いサイドビューを構築。特徴的なキャラクターラインが力強さとユーティリティ性の高さを印象づけています。
一方のリヤビューは、スクエアな中央部と大開口リヤゲートが機能性の高さを感じさせます。大きく張り出したフェンダーは、フロントと同様に力強さが演出されています。
用意されるボディカラーは、ボディなどを豊かに強調する「ブラスゴールドメタリック」、従来色よりも立体感が強調されたという「シルバーメタリック」の新色をはじめとした8色展開となっています。さらに、アクティブな印象を際立たせる2トーンカラーも、7タイプ用意されています。
インパネは、上段と下段を階段状にしたような造形で、ヤリスと近いイメージ。センターコンソールからディスプレイオーディオ(DA)にかけての縦方向の流れを強調することで、SUVらしい力強さが演出されています。上部には「スラッシュ成形」によるソフトパッドが使われているほか、温かみのある新素材フェルトをドアトリムの広い範囲に採用するなど、上質で心地いいキャビンを実現したそう。
さらに、視認性に優れたTFTカラー液晶マルチインフォメ …

sponsord Link
最新情報をチェックしよう!