純正タイヤサイズ・ホイールサイズ・インチダウン情報を調べる際は「車名 インチダウン」、車両動画を調べる際は「車名 動画」とキーワード窓に入力してください。

ヤリスクロスはライズ以上、C-HR未満のニューモデル! 2020年4月・5月・7月の登録車の新車販売ランキングで1位(6月は2位)になるなど、…【動画紹介】

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCeQVj6dPQLo1kn7TtmlfW3w?sub_confirmation=1
✍ 執筆者 ■はライズ以上、C-HR未満のニューモデル!  2020年4月・5月・7月の登録車の販売ランキングで1位(6月は2位)になるなど、発売以来、好調なセールスを維持している・ヤリス。さらに「ヤリス」シリーズの人気を加速させる「ヤリス クロス」が2020年8月31日に発売されました。  気になる価格帯は179万8000円〜281万5000円で、1.5LダイナミックフォースエンジンとCVTを組み合わせるガソリン車、1.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載するハイブリッド「THS2」が設定されています。両パワートレーン共にFFと4WD(ハイブリッドはE-FOUR)を設定。 ■ハイブリッド仕様の燃費は2WDでWLTCモード30.8km/Lを達成  「TNGA(GA-B)」を使うのボディサイズは、全長4180×全幅1765×全高1590mmで、最低地上高は170mm。都市型といえるロードクリアランスになっています。  ・ロッキーのOEM車で弟分のライズは、全長3995×全幅1695×全高1620mmで、最低地上高は185mm。「TNGA(GA-C)」を使うC-HRは、全長4360×全幅1795×全高1550mmで、ロードクリアランスは140mm(4WDは155mm)。  のサイズは同社の・ライズとC-HRの中間に収まり「ライズでは少し小さい(狭い)、C-HRまでのサイズは要らない…」というニーズに当てはまる都市型コンパクトになっています。  ライバルは、全長4275×全幅1765×全高1550mmのCX-3、全長4290×全幅1760×全高1610mmのキックス、全長4330×全幅1770×全高1605mmの・ヴェゼルあたり。ヴェゼルはBセグメント以上、Cセグメント未満というサイズ感なので、少し大きくなっています。  Bセグメント・ハッチバック派生のクロスオーバーといえば、かつての・イストを思い起こす方も多いと思います。は「ならではの力強さ、存在感を表現したムダなくバランスのよい洗練されたプロポーション」を追求したそう。イストよりも色が強められている印象を受けます。  ほかにも、コンパクトでも高いユーティリティ性を備えたラゲッジスペースなどにより、キャンプブームの中、都市部や街中での普段使いのみならずアウトドアやスポーツアクティビティなど、アクティブな …
💖

sponsord Link
最新情報をチェックしよう!