ディーゼルウェポンを検証!第一弾!マツダ CX-8にディーゼルウェポンを使ってみた!【動画紹介】

#cx8 #cx5 #cx30

マツダ CX-8に話題の添加剤!ディーゼルウェポンを投入してみました。効果やいかに!これから検証していきたいと思います!

ディーゼルウェポンとは?

用途:
ディーゼルエンジンの燃焼室を清浄します。軽油、重油、灯油を燃料とするディーゼルエンジンに使用できます。

特徴:
ディーゼル燃料にわずかに添加するだけで、強力な洗浄効果を発揮し、セタン価向上剤により、燃焼効率を上げます。

ディーゼルウェポンはセタンブースターに清浄作用を付加した製品です。

効果・作用

清浄作用:
燃焼室、インジェクターの汚れを強力にクリーンアップ。

セタン価:
軽油の場合、50リットル当たり、30mlを混ぜると、セタン価が3向上します(データ値)。

燃焼促進効果:
セタン価向上剤を配合しているため、燃焼効率が向上します。

出力向上:
エンジン内部がキレイになることで燃焼効率が改善され、セタン価が向上することでさらにパワーやトルクアップ、燃費向上を実現します。また、燃焼室のカーボン付着・生成が減少するとエンジンオイルの汚れも減少し、よって磨耗によるオイルあがり(オイル減り)も減少。

油性を向上:
超低硫黄軽油などの、潤滑性が不足しているディーゼル燃料の油性を向上させます。

サビ止め:
燃料経路を防錆します。

黒煙抑制:
燃焼効率が上がることで黒煙の排出・PM粒子の発生を抑え、環境や身体への悪影響を改善します。

その他:
塩素や界面活性剤を含まないので、乳化やゲル化による閉塞やサビのトラブルを防止。 本品原液は-40℃まで凍結しません。

超低価格を実現:
ふつう、添加剤は希釈され、ボトルに入った使い切りタイプのものが主流ですが、ディーゼルウェポンは、あえて濃縮タイプを採用。必要な分だけ計って注入。 添加量も、容器も、輸送費も、そしてアナタの財布にも優しい、すべてにエコな製品として生まれました。

清浄性能:
50リットルタンクに30ml加えるだけで、クリーンアップできます。
また、50リットルに対し、20ml入れるだけでキープクリーン(「きれい」を保持)を実現。コストパフォーマンスはバツグンです。

ディーゼルウェポンは目的に応じて添加量を調節してください。

清浄(クリーンアップ)を目的とする場合: 50リットルの燃料に対し、30mlを添加してください。

キレイを保ちたい(キープクリーン)場合: 50リットルの燃料に対し、20mlを添加してください。

セタン価を上げたい場合: 50リットルに対し、30mlを添加してください。軽油の場合、セタン価が3上がります。元の燃料のセタン価が高いほど、上昇率も高くなります。

黒煙・PM粒子を低減したい場合: 50リットルの燃料に対し、30mlを添加してください。

適合車種・機械

ディーゼルウェポンは軽油、灯油、A重油、B重油、C重油、ローサル、およびバイオディーゼル燃料に使用できます。
ディーゼルウェポンは車種・エンジン形式・機械を選ばず、すべてのディーゼルエンジンに使用可能です。

【例】ディーゼル自家用車、乗用車、営業車、トラック、バス、ダンプ、建設・建築・土木機械、農機・酪農・畜産機械、林業機械、漁業機械、砕石業、製造・工場内機械、解体・産廃処理機、グリーンキーパー・整備車両、除雪車、フォークリフト、エアコンプレッサーなど、各種産業機械および車両。

sponsord Link
最新情報をチェックしよう!