✅ 期待先行か実力派か! 乗ってわかった日産「ノート」の真価【動画紹介】

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCWoRsVKtLmrKc_hjyKzkXGQ?sub_confirmation=1
✍  発表以来、大きな注目を集めている日産自動車の新型「ノート」。自慢の「e-POWER」を含め、あらゆる部分が進化した新しいノートには、「日産の救世主か」と期待する声も上がっているようだ。その実力は本物なのか。日産のテストコースで早速、試乗してきた。 外観、内装、走行感覚の全てがレベルアップした日産の新型「ノート」。試乗会場で話を聞いた開発責任者は「1クラス上の開発原価をかけた」と語っていたが、価格は202.95万円~218.68万円と手ごろだ 「e-POWER」進化で走りは変わった?  12月23日の発売を予定する新型ノート。外観はスッキリとして簡素な造形ながら、しっかりとした存在感がある。見ていると、走りも高度になったのではないかとの想像がふくらんでくる。タイヤがしっかり地に着いて、路面をとらえる様子がその姿から感じられる。 スッキリとした造形の新型「ノート」  運転席に座ると、ダッシュボードには大きな液晶画面が運転者の見やすい位置に置かれていた。まさに、時代に適した造形だ。目の前のメーターにはデジタル式の速度計が表示され、その横の液晶画面からもさまざまな情報が得られる。こちらも明快でわかりやすい。 必要な情報を確認しやすい運転席  前席の間にあるシフトレバーは電気自動車(EV)「リーフ」と同じくバイ・ワイヤーによる電気式だが、操作方法はリーフと異なる。ノブを前後に動かすだけの簡単な操作になっているのだが、それでいて、誤操作をしないようにとの配慮も感じられる。パーキング(P)へのシフトも、同じシフトノブのボタン操作で行える。別ボタンとしている他のハイブリッド車(HV)やEVなどより、ずっと使いやすい。 クルマの技術だけでなく、運転者にとって最適な操作方法を考えるという点でも日産は秀でている。同社の運転支援技術「プロパイロット」も作動させやすい操作方法となっているので、積極的に使いたくなる  さて、いよいよ進化した第2世代の「e-POWER」を試す。日産独創のシリーズ式ハイブリッドであるe-POWERは、モーターのみで走る。したがって発進は力強く、かつ的確で、そこから先の加速は滑らかだ。少し強めにアクセルペダルを踏みこんでも、まだ発電用のエンジンが掛からない。そのまま市街地を走るような速度に達しても、室内の静粛性は保たれる。   …
💖

sponsord Link
最新情報をチェックしよう!