【No.211】えーー!!ダイハツ タフトの見積りを見てびっくり!!【自動車】【DAIHATSU】【TAFT】【軽自動車】【モトブログ】【シャイニングホワイトパール】【動画紹介】

おはようございます、ろっくんじゅーくです12月18日、金曜日、時刻は、午前9時半を回っています。

さて、先日、動画でも紹介させてもらった通り、ダイハツ タフトの最上位グレード、Gターボ(4WD)に、試乗させてもらったんですが、タフトの小気味いい軽快な走りと、自分の思いが、そのまま伝わるステアリング、フィールで、思うがままに、運転できる爽快感をたっぷりと、味わわせていただきました。

「いやぁ運転って、楽しいなぁ!!」って久しぶりに、いや、初めて思ったかもしれませんね。んー、無理矢理、記憶を遡れば、小学生の頃に乗ったゴーカートは、こんな気持ちだったような気がしますねぇ。

本来であれば、タフト購入へ、一気に突き進みたいところなんですが、
今、ちょっと、仕事の関係で色々あって、まだ、そこまでは、突っ走れない状況なんですよね。

しかし自分がダイハツの車に、こんなに興味を持つなんて、思ってもみなかったですね。ダイハツのオーナーさんには申し訳ないんですが、どっちかっていうと乗りたくないメーカーに、入っていましたからねぇ・・・。

ダイハツっていう名前も、大阪発動機の略で、あんまりカッコ良くないじゃないですか・・・。ホントにすいません。そもそも、ワゴンRまるぱくりで、ムーヴを出したっていうあたりから、いいイメージって無かったんですよね。

そして、最近では、あくまで個人的な感想ですが、鉄板をただ、組み立てただけのように見える、ウエイクとか、ハスラー対抗で、なぜか3タイプをそろえたキャスを発売したりと、ちょっと何がしたいのか、分からないメーカーだなぁ、っていうのもあったんですよね。

なので、恐らく、ダイハツ車に乗ったのは、タフトが初めてだったんですよね。あ、でも昔のった社用車が、ミラだったのか、アルトだったのか微妙なところですが。

そういう中で、大変興味を惹かれることとなった、ダイハツ タフトなんですが、すぐ、決断するというわけにはいかないんですが、買うという前提で話を進めていくと、試乗させてもらったGターボは、タフトの最上位グレードで、車両本体価格は160万6千円と、前々回の動画でも言っています通り、タフトよりも格上のコンパクトカーHONDAフィットの1.3ℓエンジンで、ホンダセンシングもついた、フィットのエントリーグレードであるベーシック(1,557,600円)よりも高価なんですよね。

ここは、やはり、慎重に考えないと、いけないところで、無理にタフトの最上位グレードを買わなくても、一つ下の、Gグレードでも、いいんじゃないかなぁという、気持ちが湧いて来たんですよね。

まぁ、タフトの前に欲しいと思った、マツダ3の1.5ℓ100周年記念モデルと比べると、ほぼ半額に近いんで、自分でも何をセコイこと言ってるんだと思わなくもないですが、同じ楽しさが味わえるのなら、やっぱり、安いに越したことはないじゃないですか。

そういうわけで、前回とは違うお店なんですが、タフトのGグレードの試乗車が用意されている、ダイハツのお店に到着です。

イラスト:いらすとや
効果音 :魔王魂

これまでの動画は、サブチャンネルに移動しました。
(これから順次、移動していきます。)
移動に伴い、一部動画が欠番となっています。

サブチャンネル
ろっくんじゅーくの歌チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCF65_RiZ9OrqArdk9-yyzaQ

ろっくんじゅーくのグロムで行こう!
https://rockn109.seesaa.net/
twitter @@wj6Og1uQIlDgoKY
mail:rocknjuke@gmail.com

HNの”ろっくんじゅーく”は、私の先々代の愛車である日産ジュークと、私が小学生の頃からファンである松田聖子さんのヒット曲、ロックンルージュを語呂合わせしたものです。

sponsord Link
最新情報をチェックしよう!