【ダイハツ タフト 新型試乗】“ぴーぴー”言わないターボがお勧めです…岩貞るみこ【動画紹介】

四角くてかわいい『タフト』である。直線的なデザインは素朴で飾りっ気のなさを演出しているけれど、よく見ると細かく面取り(角を削ること。私は煮ものを作るときやらないけれど)してあって、丁寧な仕事っぷりである。 SUVらしく、最低地上高(地面から腹まで)は腹打ちしないように190mm。でも。高さは1630mmと低く抑えている。背を高くすると荷物は積めるけれど見た目の軽快感が損なわれることを嫌ったためだ。それに伴い採用が見送られたのが後席のスライド機能である。スライド機能だけで70mmほどシート座面が高くなり、後席に座った人の頭上がきつくなるらしい。 スライドをケチったという見方もあるけれど、そもそもこのクルマのコンセプトは、前席+荷物なので後席にあれこれ機能はいらないんじゃないのと思う。後席にはリクライニング機能もないのよ、四角くて大きなクーラーボックスが積みにくいのよ、という声も聞こえるけれど、子どもじゃあるまいしそのくらい工夫してなんとかしなさいよというのが、お姉さん(私のことね)の実感である。だって、軽自動車たるもの、価格は安い方がいいんだもの(X/2WDが135万3000円から)。 もうひとつ、意見が分かれそうなのが、運転席と助手席の間にある「ついたて」である。ここはパーキングブレーキと、新機能のオートブレーキホールド(ブレーキペダルから足を離しても前に進まない)のスイッチがあるほか、申し訳程度にうすっぺらなものが入る小物入れがついている。 これ、二つのスイッチをインパネに組み込めばなくせるんじゃないの? いや、しかし、この「ついたて」がなければ、左右にウォークスルーができちゃって、便利で軟弱なクルマに成り下がってしまう。そう思えば、これはこれでありなのか。うーん、でもやはり、せめて小物入れの深さをつけて、もう少し使い勝手をよくして欲しかったかも←悩みながらも、今ココ。 全車標準で採用されたスカイフィールトップは、明るい空が気持ちいい。新型コロナで閉塞感きわまりない今、解き放たれる気分である。ふつうこういうガラスルーフは、後席は解放感あふれるけれど前席はまったく恩恵に授かれないことが多い。でも、タフトは違う。運転席にいながら、頭上の空が感じられて自由に手が届きそうな気分になるのだ。 装着されたガラスは紫外線のほか赤外線もカットされるので、暑さや日焼けの心配は軽減さ

sponsord Link
最新情報をチェックしよう!