C+pod

C+podの純正タイヤサイズ・ホイールサイズ・インチダウン【2020.12.25~ RMV12】

トヨタが製造・販売を行う超小型電気自動車「C+pod(RMV12)」の純正タイヤサイズ・ホイールサイズ・インチダウン・マッチングをご紹介します。

 

TOYOTA Ultra-Compact BEV, front, Tokyo Motor Show 2019, FUTURE EXPO, MEGA WEB.jpg
投稿者自身による作品 CC 表示-継承 4.0, リンクによる

 

 

トヨタ・C+podとは

「C+pod(シー・ポッド)」は、トヨタが製造を行っており2020年12月25日より販売が開始され、現状は自治体や法人のみの販売となっており、一般への販売は2022年を予定しているそうです。

 

C+podは、超小型モビリティと呼ばれる枠に収まる小ささで、全長2,490 mm/全幅1,290 mm/全高1,550 mmと通常の軽自動車よりも更にスリムに作られています。

 

定員は2名リチウムイオンバッテリーとモーターを搭載し、航続距離は150km、最高速は60km/hとなり、高速道を使わない近場への移動に適した仕様になってます。

 

コムスっぽいですが、外観から見るとC+podの方が自動車っぽい気がします。

 

C+podの標準(純正)タイヤサイズ

C+podの標準(純正)タイヤサイズは以下の通り。

 

◎155/70-13

※型式:RMV12

 

C+podの標準(純正)ホイールサイズ

C+podの標準(純正)ホイールサイズは以下の通り。

 

◎4.0-13 +30 4/100

※型式:RMV12

 

C+podのインチダウン

C+podのインチダウンに関しては現在調査中です。が、おそらくイチダウンは不可でしょう。

 

まとめ

純正のホイールサイズのインセット「+30」が汎用ホイールを拒むところですね。

 

4.0J-13と4/100だけを見れば汎用軽自動車のホイールサイズでも設定はありますがインセット「+45~43」が主流です。

 

さすがに「+30」は専用ホイールレベルなので、汎用ホイールの取り付けは不可だと思われ。

 

スペーサーかワイトレを噛ませてフェンダー側に出すと、インナー側は干渉しなくても外側に突出しちゃうでしょうし、専用ホイールまたはオーダーインセットで作らない限りは汎用ホイールの取り付けは難しいと思われます。

 

sponsord Link
C+pod
最新情報をチェックしよう!