【YouTube】2022.05.06アクアワールド茨城県大洗水族館は、人々を毒するためにイルカへの拷問を支援しています

YouTubeに投稿されている新型車・人気車の動画をご紹介します!!




アクアワールド茨城県大洗水族館は最近、JAAという新しいグループに加わりました。 JAAは、和歌山県太地町でのイルカを拷問して、人々を毒する肉にすることをサポートするために設立されました。これは、イルカの飼い主がイルカを拷問して有毒な肉にすることを、アクアワールド茨城県大洗水族館が支援していることを意味します。その有毒なイルカ肉は、我々日本の人々を毒します。それは私達の国にとって恥ずべきことであり、私達の安全に対する危険です。

有毒なイルカ肉は、もはや食べ物ではありません。日本の科学は、毒素濃度が低くても非常に危険であることを証明しています。ALS-PDCの発生率が世界で最も高いのは、有毒なイルカ肉が食べられている和歌山県太地周辺です:
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/14660820510030031?journalCode=iafd19&

https://www.nanbyou.or.jp/entry/824?fbclid=IwAR2GIIGdnndArn3eazXpZUqIcGvTEGkx8oYQ1QEmn2SXu76KVrVMkdyuX_A

九州大学は、水銀が心不全を引き起こすことを発見しました。彼らは、すでに太地の住民が体に持っている水銀レベルよりも、はるかに低いメチル水銀レベルでテストしました。
https://www.amed.go.jp/news/seika/kenkyu/20190712.html

東北大学は、低濃度レベルの水銀消費から同じ危険性を発見しました。彼らもまた、すでに太地の住民が体に持っている水銀レベルよりも、はるかに低いレベルをテストしました。彼らの結論:「低濃度であっても、メチル水銀への継続的な曝露は心臓病の危険因子です。」
http://hdl.handle.net/10097/46096

イルカ肉は、日本でテストも規制もされていません。イルカ肉は私達の国の闇市場です。この公共の安全に対する危険を、終わらせる必要があります。日本で最も危険な闇市場です。イルカ肉は店頭で売られているため、子供達も食べてしまいます。違法薬物や銃は、店頭では売られておらず、子供達に売られることはありません。

アクアワールド茨城県大洗水族館によるイルカへの残虐行為とイルカを食べる人間への残虐行為のサポートについて、詳しくは次のドキュメンタリーシリーズをご覧ください:

有毒なイルカ肉は、日本で最も危険な闇市場です。日本のこの規制されていない闇市場と、それが我々日本の人々に与える危険性についてもっと学ぶために、パート2を見てください:

日本では、人々を毒するために、動物を拷問する必要はありません。イルカと人間に危害を加えるという恥ずべき決断について、貴方がどのように考えているのかを、アクアワールド茨城県大洗水族館に教えてください。

sponsord Link
最新情報をチェックしよう!