【YouTube】ホンダ「インサイト」2022年で販売終了? 今尚残る「プリウス」との確執 「シビックHV」で穴埋めなるか | くるまのニュース

YouTubeに投稿されている新型車・人気車の動画をご紹介します!!




ホンダ「インサイト」2022年で販売終了? 今尚残る「プリウス」との確執 「シビックHV」で穴埋めなるか | くるまのニュース 「燃費スペシャル」としてプリウスに真っ向勝負を挑んだインサイト 2021年12月23日、ホンダ「インサイト」、「シャトル」、「CR-V」が2022年内に国内販売を終了することが報じられました。 インサイトは、ホンダのハイブリッドカーの象徴ともいえますが、どのようなクルマだったのでしょうか。 2022年内に販売終了と報じられたホンダ「インサイト」 googletag.cmd.push(function() { googletag.display(‘div-gpt-ad-1562146725718-0’); }); 1999年に登場して以来、ホンダのハイブリッド専用車として3世代にわたって国内販売されてきたインサイト。 ライバルであるトヨタ「プリウス」は、どちらかといえば、順当なモデルチェンジを現在まで繰り返してきたのに対し、インサイトは世代ごとにコンセプトを大きく変えてきたという特徴があります。 例えば、初代インサイトは徹底した燃費性能を追求した「燃費スペシャル」ともいえるモデルでした。 空気抵抗を低減させるために、後部タイヤをスカートでおおい、なおかつ軽量化を図るために2シーターとし、さらにはMT仕様も用意されていました。 その結果、35km/L(10.15モード)という量産車としては当時世界最高のカタログ燃費を達成。 この数値は、1997年に世界初の量産型ハイブリッド車として登場したプリウスをしのぐものであり、後発であるホンダの意地を見せる形となりました。 2006年まで販売された初代インサイトですが、燃費性能に特化したということもあり、販売台数という面では決して良好ではありませんでした。 それでも、来たるべき電動化の時代を見据えた1台として、いまでもファンの間に強烈な印象を残しています。 2代目インサイトは、初代の販売終了から3年後の2009年に登場しました。 すでに世界中でベストセラーカーとなっていたプリウスに対抗するべく、プリウス同様の5ドアファストバックスタイルへと変更。 パワートレインには1.3リッターと小型モーターを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載され、カタログ燃費は26.0km/L(JC08モード)となっています

sponsord Link
最新情報をチェックしよう!