【YouTube】アンダー200万円! トヨタ小型SUV「新型ヤリスクロス」最安モデルがめちゃ良い! 意外と豪華な「ベースグレード」の中身とは | くるまのニュース

YouTubeに投稿されている新型車・人気車の動画をご紹介します!!




アンダー200万円! トヨタ小型SUV「新型ヤリスクロス」最安モデルがめちゃ良い! 意外と豪華な「ベースグレード」の中身とは | くるまのニュース トヨタ「ヤリスクロス」最安モデルは意外と穴場!? 「クルマが高くなった」という言葉がよく聞かれるように、近年は物価の上昇や半導体の不足、安全装備の標準化など様々な理由から、新車価格の上昇が見られます。 そんななかトヨタの人気SUV「ヤリスクロス」を見ると、車両価格200万円を切る、驚くほど安価なグレードも存在。一体どのような内容のモデルなのでしょうか。 トヨタ 新型「ヤリスクロス」 googletag.cmd.push(function() { googletag.display(‘div-gpt-ad-1562146725718-0’); }); ヤリスクロスは、コンパクトカー「ヤリス」の軽快な走りや先進運転支援技術、低燃費という魅力を受け継いだ都市型コンパクトSUVとして、2020年8月に登場。 ヤリス同様に、コンパクトカー向けTNGAプラットフォームを採用し、小型ながら存在感のあるプロポーションが特徴です。 パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンに加えて1.5リッターハイブリッドシステムを用意し、駆動方式はFF(前輪駆動)と4WD(四輪駆動)を設定します。 直近の2024年1月17日には一部改良を実施し、より力強いデザインのフロントグリルを採用したほか、内外装のデザインも変更。 機能向上などを図るとともに、ボディカラーに新色「マッシブグレー」を追加しています。 そんなヤリスクロスの最も安いグレードは「X ガソリン車」2WDモデルで、車両本体価格は190万7000円(消費税込)と200万円を切る価格設定。 トヨタの公式サイトでは“シンプルで扱いやすいエントリーモデル”と紹介されているグレードで、装備や機能を必要なものに厳選することで価格を抑えていることが分かります。 このグレードの外観を見ると、まずルーフはボディ同色となり、ヤリスクロスの特徴であるブラックアウトされた「ツートンカラー」は備わりません。 また、ヘッドライトはLEDではなくハロゲン式。アルミホイールも装備されず、いわゆる“鉄チン”と呼ばれるスチールホイールにホイールキャップが装着されているのみ。 さらに細かく見ると、フロントグリルにはピア

sponsord Link
最新情報をチェックしよう!